2016年03月26日

第十三回 博麗神社例大祭 2

16例大祭品書き.png

 5月8日の例大祭に「のび部屋 と32a」で参加予定です。ちょっと早いですが紹介をば。今回の新作は、昨年12月に公開したパチュリーにパーツを追加した展開図データになります。その他にも東方の過去作ペパクラを持っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

 いよいよ初期に作った霊夢がへたってきて、見た目が悪くなってきました。展示用の作り直しに合わせて、もし間に合えば、若干作りやすくする小改良もやりたいと考えています。
タグ:例大祭
posted by nobi at 17:40| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

秋田まで再び

 しばらく前ですが、所用で秋田まで往復してきました。行きは余裕があったので羽越線、米坂線、奥羽本線、横手羽後本荘間のバス、羽越本線のジグザグ旅行です。

坂町駅2.png
 
 朝の坂町駅です。青春18きっぷの期間中であるせいか、ここまで乗ってきた普通列車の酒田行きはけっこう混んでいましたが、米坂線に乗り換えた人はごくわずか。静かな感じで列車もガラガラです。

米坂線2.png

 荒川に沿って走ります。途中何回か渡るので、左右どちらに座っても車窓は楽しめるんじゃないでしょうか。途中にはは赤芝峡という景勝地があるそうです。県境付近はさすがに積雪が多かったですね。今泉駅ではしばらく停車時間があったのでホームに出てみました。山形鉄道のホーム上屋は昔のままちょっと驚きました。とてもいい雰囲気ですよね。このあたりは学生時代に一度乗り鉄したきりで、もはや細かいところは覚えていませんが山形鉄道の古い駅舎の記憶はよみがえりました。今度撮影して回りたくなります。今泉からはやっと乗客が増えて席があらかた埋まりました。

奥羽本線2.png

 米沢から奥羽本線を北上します。新庄を経て横手を目指しますが、昼食休憩を兼ねて新庄までは山形新幹線を利用しました。

DSC_1423.JPG
 
 ここからはロングシートの701系が多いので、普通列車では食事がしづらいですし・・・。このにしん弁当はおいしかったのでお勧めですよ。東根を過ぎると平野が尽きて徐々に山間部に入っていきます。進行右手、最前部のロングシートに座って雄勝峠の全面展望を楽しみました。子供のころ、何度も485系の特急つばさで通ったはずですが、今となってはローカル線の風情です。

横手2.png

 いかにも国鉄の主要駅という風情だった横手駅は橋上駅舎に変貌しています。そこから数分歩いてバスターミナルに向かいましたが、周辺も再開発されていてあまり過去の思い出と一致しません。昔のバスターミナルはスーパーの1階に入っていたはずです・・・。ここからは羽後交通のバスで海側の羽後本荘駅に抜けます。市街地もなんだかひっそりしていてちょっと寂しい気分になりました。

横莊バス2.png

 横手本荘間は過去に鉄道で結ぶ計画があり、一部が実際に開業しています。本荘側は現在の由利高原鉄道です、横手側は昭和40年代に廃線になってしまった羽後交通横荘線という鉄道です。ですから、このバスは未成線を走るバスということになりますね。もっとも由利高原鉄道や過去の横荘線と並行する部分はほとんどなく、時折集落に立ち寄る以外国道を通っているんですが。バスターミナルの時刻表を見ると1日3本が出ています。昔は5本くらいあったのですが、減便されたようです。実際、本荘までは終始横手バスターミナルから乗車した私ともう1人だけで途中の乗降は全くありませんでした。横荘線の駅があった浅舞と沼館、老方は集落の中に入るのですが、全く動きなし。淡々と国道を走るのみです。横荘線の廃線跡も車窓から一応探してみましたが、おそらくこれだろう・・・といった程度しかわかりませんでした。横荘線については雄物川町の博物館に展示があるらしいので、いつか行ってみたいと思います。羽後本荘からは普通列車で秋田に入りました。

いなほグリーン2.png

 帰路は特急いなほ号でまっすぐ新潟へ戻ります。前回で味を占めたのでまたグリーン車を利用しました。こちらもガラガラで村上まで私1人の貸切状態でした。

 今回の旅行で感じたのは、地方の過疎化が自分の想像以上に進んでいたということです。県庁所在地周辺はさすがに賑やかでしたが、そこを過ぎると一気に閑散とします。町々も、昔は賑やかだったんだろうなーという風情を残して車だけがビュンビュン通るのみ・・・。特に秋田県は祖父母たちの出身地でもあり、第二の故郷と思っているのでこれは寂しい!とりあえずふるさと納税でもして、微力ながら応援するべきかなと考えています。
posted by nobi at 01:05| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする